2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パンが好き
ご飯も好きだけどパンも大好き。

『かもめ食堂』が大好きな私にとってはぜひ読みたい1冊。
ドラマは見逃してしまったから、まずは原作から。
2013093002.jpg

そしてとっても素敵な版画集も。
ページをめくると美味しそうなパンばかり♪
2013093001.jpg


ねこさん達と一緒に秋はのんびりと・・・

スポンサーサイト
森へいく
日々生活をしていれば色々と考えなくてはならないことが
たくさんある。
自分の考えや思いを伝えるのって本当に難しい・・・

それは家族であっても。

言葉を選んでいるつもりでも自分の思いとは違う方向に
捉えられてしまったり、感情的になって本当の思いとは
違うことを言ってしまったり。

そうじゃないのに。
そういうつもりで言ったんじゃないのに。

コミュニケーション不足がさらに誤解を招く。

そんな時、本屋さんでパッと目に入った本『森へいく』
41KTLeseoGL__SS500_.jpg

手に取ってみると大好きな平澤まりこさんの絵。
猫たちと日向ぼっこをしながら静かにページをめくる。

本を閉じ、気持ちよさそうにお昼寝をしている彼らを見て
もっと素直になろうと思いました。
『待っている犬』
仕事場の先輩が持っていて、表紙のワンちゃんの瞳に
惹かれパラパラめくっていると
『貸してあげるよ!』と先輩からお借りしました。

3.11の東日本大震災で被災した動物達について書かれている本は
たくさんあるけれど、短く真っ直ぐな言葉が胸を打ちます。

仙台のドッグショップのスタッフさんとボランティアさんが
自分達に“今”できることを!と始めた救援活動。
改めて家族が一緒にいれることの幸せを痛感し、また被災地の
皆さんが1日も早く“いつも”の日を過ごせることを願います。


41F2kdRkMyL__SL500_AA300_.jpg
Dr.高江洲のアニマルコミュニケーション
以前の記事にも書きましたが、ただ今アニマルコミュニケーションの
勉強をしております。
動物看護師の仕事はかなりハードですが今は勉強をする時期の
ようです。

本屋さんでよく見かけていた
『Dr.高江洲のアニマルコミュニケーション』
animal.jpg


他のコミュニケーターさんの本はすっと手が伸びたり、
出会いがあったりして読んでいたのですが
ナゼか高江洲先生の本は手が伸びなかったのです。

それが最近になってすっと手が伸びたので通勤の合間に
読み始めてみると・・・

あらあら!
本が苦手な私にもスラスラと読めるではありませんか!!

何事にもタイミングがあるのですね。
今まで読んだアニマルコミュニケーションの本の中で
一番ピン☆ときた本かもしれません。
ねこのお医者さん
タイトルはとっても可愛らしい本ですが、
中身は役に立つ情報が満載!!

知ってはいるけど『ナゼ?』と思っていたことが
スッキリ
こんな症状が出たときは・・・と難しい言葉も少なく、
とても読みやすい本でした。

book2.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。